一年目の手紙

(Sorry…, no English in this post)

またまたやってみた。初恋の人の手紙に続く、「一年目の手紙」。

手紙は、どうあれ、
今回はその先の恋愛分析。
結構心あたりがありましたよ~!

内容は下記にて
(当たってるな~と思うとこは太字になってます。)

———————————–
えりなさんについての分析結果は以下の通り。

—————————————————–

【こんな問題ありませんか?】
好きでもない人から好かれて困ることが多い(←ごめん。。。殴っていいです。でもマジでこれ、ある。) 
◆カッコよかった男性も、付き合うと情けなさが目立つ。
◆恋愛の主導権を握ることが多いが、決して嬉しくないし実は甘えたい。

【分析と課題】
好きでもない人から好意を持たれたり、出会ったばかりで何も分からないのに「好きです」などと言われたりして、男性を避ける立場になることが多いのではないでしょうか。向こうから気持ちがやってきてしまうと、なかなか自分から愛せないのがえりなさんの特徴です。向こうから来られると、一歩二歩と引いてしまうのがえりなさんですから、ますます男性陣は不安になることでしょう。

引っ張っていってくれると思った男性もまた、えりなさんのそばにいると、だんだんと弱ってくる可能性があります。
(←過去の彼氏にそういう遍歴多々有り…)えりなさんは他の人から見て輝いて見えますし、自己完結しているようにも思われます。付き合っている相手には「一人で生きていけそう」「おれがいなくても平気そう」という気持ちすら湧いてくるのではないでしょうか。これが相手の余裕を奪っていくのです。

えりなさんは、一人で生きていきたいわけではなく、実は甘えられる場所がほしいと思っているのではないでしょうか。もっと大きな器で、堂々とカッコよく構えていてほしいと男性陣に願っているのではないでしょうか。それがなかなか満たされないことがえりなさんのジレンマでしょう。

ところで、えりなさんは、「まるっきり自分に振り向かないような人」を追いかける恋愛にハマる可能性も多々あります。すぐ好かれるとうんざりするのですから、振り向かないような自分を寂しがらせるような男性が、結果としてフィットしてしまうこともあるのです。
【恋愛キーワード】
「柔軟」「自信」「男友達」「いたわり」「相手いらず」
【最後に】
えりなさんは、あまり恋愛に困っていないかもしれません。普段の生活が充実している様子が、ひしひしとえりなさんからは感じられます。少なくとも「恋愛はどうにでもなる」ぐらいの自信はひそかに持っているかもしれません。

そんなえりなさんに何かをおすすめするのは気が引けるのですが、是非聞いてほしいことがあります。

えりなさんは、これまでいろいろな方面において「人並み以上」でいられたのではないでしょうか。ものごとの吸収が早く、恋愛でも紆余曲折の中で成長しながら、とても賢い生き方をしてきたのではないかと思われます。

しかし「恋愛」というのは、経験こそすれ、まだ学習したことがないのではないでしょうか。あれこれ考えたことはあっても、恋愛についてはあまり体系立てられた考え方を持っていないのではないでしょうか。まだまだえりなさんには「恋愛」という分野において成長の余地があると思います。

すでに素敵なえりなさんにも、さらなる進化のために、是非我々と恋愛学習に取り組んでほしいのです。恋愛マスターに近いポジションにいるからこそ、是非おすすめしたいのです。必要はありません、しかし、必ずやプラスになると思っています。
—————————————————–
ちなみにこれの基となる手紙が、これ

ご自身の診断はこちらから!
http://tegami.hanihoh.com/

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s